愛知県 「カネ光水産」Aichi 「Kanekou-Suisan」 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

Food Selection | 愛知県 「カネ光水産」
Aichi 「Kanekou-Suisan」

2020.10.03

愛知県 「カネ光水産」
Aichi 「Kanekou-Suisan」

 
愛知県碧南市より
『カネ光水産』さんのしらす干し及びオリジナル加工品をご紹介
 
〜100%天日干しだから出来る味〜
 
カネ光水産さんではしらす干し、いわしの丸干し、アミエビの釜揚げ及び加工品を製造
地元で水揚げされた原料のみを使用し、天日干し100%で乾燥・生産している
 
しらす干しは、地元大浜漁港で水揚げされたイワシの稚魚をすばやく釜茹でし、せいろ一枚一枚丁寧に広げ太陽の恵みと心地よい海風をたっぷりあびせて作られる噛めば噛むほどに味わい深いしらす干しだ
 
手返しと呼ばれる乾燥工程も一貫して手作業で行われるが
・乾燥のムラを無くすため
・せいろに魚がくっつかないため
・さばきやすくするため
・混ざり物を見つけやすくするため
などの利点を生む
 
カネ光水産さんではしらす干しに加え、よく干した「かちり」(ちりめんじゃこ)の2タイプを製造
 
また、地元 七福醸造さんの有機白醤油を使用した「白醤油しらす干し」も作られている
丸干しイワシにおいても、作るのに最低4日の作業工程をかけ、水揚げされたマイワシを塩揉みして美味しさ閉じ込め、洗いクシ(ほせ)に刺して塩水で洗うなど、いずれも手を抜く事なくマイワシと塩のみで作られたそれは旨味の塊
 
アヒージョやパスタのベース作りに活用できる
アミエビの釜揚げは素材として使用してもいいし、漬物や発酵食品とともに味の支柱・隠し味ともなる
 
そして、もう一つの人気商品が地元企業とコラボした「じゃこポリっ」である
原材料はイワシの稚魚で作られた”かちり”と国産塩、そしてほうろく菜種油のみ
 
そのままでも美味しいジャコを更に職人技で揚げる事により、香ばしい香りと食感を生み出したクセになる味わい
そのままワインのアテになるのはもちろん、料理のコク出しやトッピングに、米や麺類の具材としても活用できる
 

 
◇カネ光水産さんのFBページ
天日干しの様子や、ちりめんじゃこ料理の数々などをアップ
 
 
 

 
フジマル利用例:
伊勢丹催事
◎ カネ光水産天日干ししらすとセリのふわとろかき卵
 
——————————————————————————
●載せている写真やデータは2020年9月時点ものです
●商品やお取引については御社営業担当へご連絡ください      
——————————————————————————
 
★ワインショップFUJIMARUから食材造り手のご紹介始めています★
※FUJIMARUの新たな試み、是非お読みください
.
皆さまにおかれましては日々食材と向き合い、出会われているかと思いますが、食材担当スタッフ木邨が、改めてFUJIMARUが大事に使わせている造り手の方々を皆さまにご紹介致します。
.
既にお取り扱いされている方やご存知の方もいらっしゃると思いますが、より広く、この先も作り続けて頂きたい生産者の方々と繋がる一助になれれば幸いです。

Related article

▲ TOP

▲ TOP