愛知県 小笠原味醂醸造  Aichi 『Ogasawaramirin』 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

Food Selection | 愛知県 小笠原味醂醸造 
Aichi 『Ogasawaramirin』

2020.10.02

愛知県 小笠原味醂醸造 
Aichi 『Ogasawaramirin』

◎一子相傳 小笠原味醂◎
本みりん「峯宝」の蔵元、小笠原味淋醸造は、三河みりんの産地として200年以上の歴史をもつ愛知県碧南市に位置します。
小規模メーカーのメリットを活かし、「手作業で、安心できる商品をお客様に」をモットーに愚直なまでに丁寧な製造を行っています。
 小笠原味淋醸造の特徴は、
1.原料米は100%国産米を使用
2.手作り製麹
3.自然オリ下げ
4.加熱処理を行わない「生詰みりん」であること
このため、製品はまろやかな風味と甘みを呈した極上に仕上がっています。
一子相傳は、甘味添加などをしない最高級の本みりん。
佐賀産の上質なもち米と自家製麹、味醂の為だけにつくられた国産特製焼酎を
原料に、四年間の熟成期間を経てつくりあげられています。
三日三晩、30度を越える室の中での麹造りともち米と麹を捏ね回す
昔ながらの丁寧な作業。
砂糖を一切使わず、米が糖化した味醂本来の甘さ。
とろりとした上品な旨味が有り、口にした時のおいしさがたまらない逸品。
煮物・焼き物・ソースに、いつものお料理をグンと美味しくしてくれる力を宿しています。

原材料  もち米(国産米100%使用) 
     こうじ米(国産うるち米100%使用)
     国産本格焼酎使用

火入れなし
容量600ml
小売販売価格1,248円(税込み)

『味醂を使ったお料理のご紹介』
茄子のエスニック煮浸し
 
調味料と干し海老の美味しさで出汁いらず!
冷やしてしみしみの味わいをお楽しみ頂くか、温かいまま茹でた素麺に熱々の茄子と汁をかけて頂くのもオススメです。
 
(材料2人前)
茄子 2本
醤油 12g
味醂 16g
魚醤 4g
水  160cc
レモンスライス、バジル 適量
揚げ油  適量
熱湯  適量
 
①茄子のヘタを落とし、皮目に切れ目を入れ好きな大きさに切る。
②茄子を油で揚げてザルなどに移して熱湯をかけて余分な油を落とし、キッチンペーパーなどで水気を切る。
③別鍋に干し海老と水を沸かし、残りの調味料を加える。
④漬け汁に茄子を浸し、レモンスライス、バジルを散らし、味が馴染んだら完成。
レモンやバジルの代わりにもお好きな柑橘、ハーブをお使い頂いても。是非、味わいや香りの違いをお楽しみ下さいね。
 
 
 

Related article

▲ TOP

▲ TOP