【普通の食堂いわま】定食界の良心、サバの塩焼きに唸る ~ウラなんば~ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2014.08.15

【普通の食堂いわま】定食界の良心、サバの塩焼きに唸る ~ウラなんば~

「普通の食堂」
はじめてお店の前を通りかかったとき、そのネーミングにはあまり惹かれなかったのが
正直なところでした。それから数年がたち、ふと思い出したようにお店の前へ。

「しらす丼あります。大盛無料」
ある夏の暑い日でした。“しらす”に惹かれたのか“大盛無料”に目がとまったのか、
ともかく思い切って店内へ。お昼時は近所のサラリーマンでいっぱいでした。


お盆に載って運ばれてきたしらす丼。
特盛ご飯にたっぷりのしらすがちりばめられ、
その上に大根おろしというシンプルな出で立ち。

つゆをかけてスプーンで軽くかき混ぜながら一口。
「うまい!」
普通だなんてとんでもない、柔らかく豊かな旨みがグイグイ広がります。
白米とシラスにつゆを垂らしただけなのに、どうしてこんなに旨いのか。
しばし呆然としながら味噌汁に手を伸ばすと、ここでまたガツンと後頭部を
殴られたかのような衝撃が。。。

いりこ出汁が丁寧に効いた、水筒に入れて持ち歩きたいぐらい美味しい
お味噌汁。ながらく実家の母親の作る味噌汁がナンバーワンだと思って
いましたが、これはちょっとした事件といえるかもしれません。

このしらす丼に出会ってからはほぼ週一ペースで通うように。
なにしろご飯とみそ汁が圧倒的に旨いのですから、
おかずをかえるだけで半永久的に楽しめてしまいます。


過日はスペシャルメニューの特大エビフライ定食を。
呆れてしまうぐらい特大なエビフライでしたが、自家製タルタルソースとともに
ペロリ。ご飯をお代わりしてしまいたい欲望を抑えるのに必死でした。


1280円、出汁巻がついたうな丼も最強メニューのひとつ。
しかしもっとも頻繁にいただいているのは、サバの塩焼きと穴子天ぷら定食
ではないでしょうか。


定食界の良心といってもいいサバの塩焼き。皮目の脂具合、身の柔らかさと
塩加減、そしてご飯との相性。このサバの塩焼きが旨いだけで、
その日一日ずっと幸せな気分でいられる、そんな気がしてなりません。


夜は生ビールに小鉢4種、マグロの造りか〆サバか天ぷらが選べる
お得な乾杯セットも。もちろん定食類も充実しており、
「夜でも定食を食べたい」というニーズにも完全対応。

そうそう、出汁の旨みがふんわり、じんわり溶け込んだ出汁巻も
おすすめの逸品です。これだけでご飯何杯、いやビール何本。。。

ウラなんば界隈でお昼どこにしよう?と思ったときなどに。
あるいは夜でもしっかりご飯を食べたい方など。
ぜんぜん普通じゃない「普通の食堂いわま」さん、おすすめです!

ちなみに店主は浜田省吾の大ファンらしく、店内はいつもハマショーのBGMが。。。
お店のブログ

普通の食堂いわま
大阪市中央区難波千日前9-12
06-6599-9320
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:水曜日

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP