オーストリア4日目 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2012.06.05

オーストリア4日目

そろそろ皆さんも読むのに飽きてきた頃でしょうか?(笑)

このドイツ語の名詞は慣れないと覚えれないし、読めないですよね・・・
正直、本当に苦労してます。。

オーストリア4日目。
毎日、アポを終えると3時間ほどオーバーしているという状況。
この日は最多の4件のアポ。

出発する前からあきらめムードが漂う中、
いきなり1時間の畑散策からスタート(笑)

今回、もっともお世話になった(迷惑をかけた)マラート親子。
父ゲラルドと現ワインメーカーミヒャエル。


スタンダードレンジ、ゴツベルグを散策。
クレムスタールの土壌や気候を丁寧に教えてくれました。
息子ミヒャエル、呆れるぐらいのナイスガイで
育ちの良さの中に力強い意志も見え隠れし、
これからどんなワインを作っていくのか本当に楽しみですね。
(ちなみに1ヶ月ぐらい前に日本に来てました。)

こちらではこんな感じの建物をよく見かけました。
建物が後ろの壁とくっついてるのがわかりますか?

中はこんな感じ。
そう、畑の下を掘って、その入口に建物を建ててるんです。
ホイリゲにしたり、セラーにしたり。

こちらはマラートさんの現ワイナリー。
かなり古い地下カーブ。

増設の工事のときにはローマ時代のアンフォラが出土したらしいです。

とっても丁寧に細やかな説明をしてくれたミヒャエル。
お陰でこのエリアの位置関係やテロワールを良く理解することができました。
本当に感謝です。
ちなみにクレムスタールに2泊したのですが
最近、マラートさんがオープンさせたホテルに泊めてもらいました。
とってもモダンで贅沢なホテル、
部屋の真ん中にシャワーがあるのですが、スケルトンなんですよね・・・

もとい、さあ、テイスティングルームに戻って試飲。
のはずが、すでに次のアポイントの時間(汗)

とりあえず、喉を潤す(笑)

いや、だから時間ないって・・・

そこでフォスターさんが起死回生の提案!
マラートさんのホテルに泊ってるので、試飲は帰ってきてからしましょう!とのこと。
え~、それって・・・

・・・ごめんなさい、ミヒャエル。。
一体何時になるのか・・・

ということで、オーストリアワインで最も著名な産地ヴァッハウへ。

グリューナーも美味しいけど、ピノブランがとっても美味しいマッヒャンドル。

またしてもバックヴィンテージを色々と。
2000年のピノブラン、凄かったです。
売って欲しいと頼みましたが、もう数本しか残ってないらしく断念。。。
う~ん、これ飲んで欲しかったんだけどな~。

彼の自慢の畑、コルミッツへ。
ドナウ河とヴァッハウ。

彼、何歳にみえます?

初対面から言い回しや話し方がなんとなく上からだな~と思ってたんですが
聞いてびっくりすでに40歳。
すいません、こちらがもっと丁寧に話すべきだったんですね・・・

西洋人の方で、あまり見かけより若く見えることってないんですが、
どうみても20代にしか見えなかったです。
ただ、向こうもこちらを20代に思ってたらしく、お互いに年齢を知ったときにびっくりでした。

ヴァッハウというグリューナー一色の産地でありながら
色んな可能性を探り続けるマッヒャンドルでした。

この時点でランチに予約していたレストランはキャンセル。
昼ご飯抜きで次のアポイントへ。

No.2へ続く。。。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP