背中を押してくれたワイン | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユFUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2011.02.02

背中を押してくれたワイン

ワインに魅せられた人には独特の習性があるような気がします。

もし、そのワインに本当に心動かされたなら、
このワインはどんなところで造っているのだろう?と訪問したくなるのです。
それがどんなに離れていても、どれだけ時間が掛っても、
いつか行ってみたい、そう思ってしまうのです。

ドメーヌ・タカヒコ@余市


私にとってはそれがNZのKUSUDAであり、
先日から話題に挙がっている、『ドメーヌ・タカヒコ』なんです。

ただ大切なことは
『心が震えたワイン』=『美味しいワイン』ではありません。

人の出会いのように、タイミングが合わないと素通りしてしまうことも。

そのワインに出会う準備ができてないと、
ただ美味しいだけで終わってしまいます。

私がAUS滞在中、色々と悩んでいるときにKUSUDAに出会い、
感動し、こんな素晴らしいワインを造っているところを見てみたいとNZに向かいました。

同じように私はドメーヌ・タカヒコに出会い、
3号店であるパピーユ・ジャポネーズをオープンする決心をしました。
国産ワイン中心のお店をだす最後のひと押しを頂いたのです。

こんな個性のあるワインが生まれる国なら、きっと大丈夫。

そう思えたのです。

実は、この1年ほど集中して国産ワインを飲む中で、
時に感じていたことがあります。

似たような味わいのワインが多い、ような気がしてなりませんでした。
(私のテイスティング能力に問題があるのかもしれませんが)

クリーンでフレッシュで綺麗な、、、

美味しいんだけど、何か大事なものまで濾されてしまっているような、、、

みんな優等生なんだけど、同じ顔してる、、、

自分のお店で棚に国産ワインをずらっと並べたときに
似たような個性のものばかりだったら、、、

貴重な棚のスペースを割く意味がないですよね。

ワインにとって、もっとも大事なことは個性だと私は考えます。
それは土地であっても、品種であっても、造り手であってもいいと思う。
はっきりとした主張がないなら、ワインなんて種類が多いだけの厄介物だ。

テロワールなんていう言葉は一部の地域を除いてまだ早い。

であれば、数十万本とかいうレベルじゃないのなら、
造り手はもっと自由に造っていいんじゃなかろうか。

日本の飲み手のレベルは世界有数だ。
きっと理解してくれるはず。

あ、話がずれてきた(汗)

要するにドメーヌ・タカヒコを飲んで
上記のもやもやが吹っ飛んだ訳です。

昨年の10月に訪問してきました。


こんなキューブで発酵させていました。


自社畑はまだ2年目なのでこれから。

ドメーヌ・タカヒコのホームページ
一度、このHPは見て頂きたい。

このワインを飲むには少し準備が必要かもしれない。
それは経験だったり、時間やタイミングだったりするかもしれない。

でも、一番大事なことは自分の定規に合わせようとするのではなく
こちらから歩み寄って感じてみてください。

きっと何か感じて頂けるのではないかと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP