ワインバー ランジュ・ヴァン復活 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2010.03.12

ワインバー ランジュ・ヴァン復活

一通りのティスティングを終え、彼の自宅でランチをいただくことに。


いや、次から次へと料理とワイン責め(*^_^*)

奥さんはたまたまパリに出かけているようでロビノが全部準備してくれてます。

前菜は撮り忘れ。。。

これ、完全にレストランの味。
旨かった~。


このサントモール、絶品。
持って帰りたい。


タルトタタン、これが2台。
食えるかっ!

彼のワインとともに。

なぜかフランクのワインも。


フランスのロビノと尼崎のロビノ


フランスのロビノと女ロビノ 手には30年熟成の梅酒


もう無理・・・

ワインも凄いのだが、何よりも彼の楽しんでもらおうという気持ちが何よりも嬉しい。
遠い日本から私をわざわざ訪ねてきてくれてありがとう、という気持ちをヒシヒシ感じる。

生産者仲間でも彼は人気者らしい。
そりゃそうだと思う。

彼のオーラは凄い。
それは、おもてなししてくれたからとかではなく、
彼の言動、行動の端々にウェルカムな感じがにじみ出ている。
壁がないのだ。
一緒にいるだけで、楽しくなって元気が出てくる。
彼のワインもそんな味わいだ。
のびやかで、溌剌としていて、芯が太い。

宴が終わるころには、みんなが彼を大好きになっていた。

そして、彼のパワーがひとりの運命を変えることになる。

お別れの時、たまたま横に徳大寺くん。

「徳大寺くん、店の名前ってワインバー徳大寺にするんやったやんなぁ?」と私。

「はい、そうです。」

「ランジュ・ヴァンって名前もらったら?」

「はい、そうします」

「え、、、ほんまに?」

「はい」

とんでもなくあっさり店の名前が決まってしまいました。

彼のお店の名前はワインバー『ランジュヴァン』 天使のワインと言う意味です。
とってもカッコいいじゃないですか!

すぐさま、ロビノに報告。
もちろん了承してくれました。

晴れて、

ワインバー ランジュ・ヴァン 復活です。

大阪のランジュヴァンは自然派ワインばかりではないです。

徳大寺くんが引き継ぎたかったのはワインのラインナップではなく、ロビノのホスピタリティ。

いろんな感情が渦巻く北新地で
みんなが元気になれる場所が作れたらと彼はランジュヴァンという名前に決めました。

3月8日(月) ランジュ・ヴァン オープンです。

大阪市北区曽根崎新地一丁目5-9
レックスビルB1F
06-6341-5502
19:00~ 3:00
19:00~24:00(土曜日)
日曜・祝日定休日

ランジュヴァンのブログ 

お店の詳細はまた改めてアップしますね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP