レ・ヴァン・コンテ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2009.07.01

レ・ヴァン・コンテ

インポーターさん資料より

Les Vins Contés
我々の認識するネゴシアンのイメージを変えたレ・ヴァン・コンテ。2002年から始めたロワールのネゴシアンで我々とのお付き合いも何と8年目に突入しました。オリヴィエとは2002年同じ地にワイン造りを始めた仲間として同じ苦労を一緒に歩んできました。お互い年を取るはずです。やっと今年来日が決定しました。オリヴィエは1995年~1998年迄Parisのギイ・サボワという一世を風靡したレストランでソムリエをしておりました。ちなみにこのレストランは今では1ッ星から2ッ星に昇格し、他にもビストロで手軽なお店の展開も始め、とても人気のあるシェフです。ソムリエ時代多くの素晴らしいワインと出会い自然派ワインにショックを受け1998年から2001年までBeaujolaisの大御所マルセラ・ピエールの所でワイン造りを学びます。そして最後の1年間だけ2001年~2002年はParisに戻りCave a Parisという酒屋さんで自然派ワインばかりのセレクションのお店をたった1人で任せられ、そして遂に2002年より独立しました。物腰柔らかい、とても紳士的なハンサムボーイ。ワイン醸造家というよりソムリエさんの方があっておりましたが、最近ではすっかりと醸造家としての貫禄が出てきて、昔の面影より2廻りも3廻りもたくましくなり、今ではすっかり肉体派の醸造家。昔はソムリエさんだったのが今では想像もつきません(笑) 彼のコンセプト「毎日気軽に飲めるワイン造りをしたい!」肩を抜いて飲めるワイン。それこそVin Soif(ヴァンソワフ・喉が渇いた時に飲むワイン=潤いを与える命の水) 何も無い全くの’0’から始めた人生を掛けての選択は沢山の人にエネルギーを伝えるでしょう。オリヴィエのワインはマルセラ・ピエールの影響が大きい気がします。勿論、彼なりに色々アレンジし、毎度お馴染みの我々の仲間の鉄則の醸造方法です。
① 無農薬②フィルター無し③SO2はほとんど無④清澄作業無⑤愛情大
お父様が職人さんで家を建てるののスペシャリスト。銀行に大きくお金を借りて、新たな出発に大きなCHAIの建設をする事になりました。勿論資材だけ購入し、お父さんが休みを取って泊り込みで醸造所の建設です。フランスは家も自分で建てる人が多いのです。経済的な側面と自分達の楽しみの為に……。CHAIの建設は本当に大変な作業です。でもこうやって力を貸してくれるお父さんがいてくれるのは、とってもとっても羨ましいです。私の出来る事はこのオリヴィエの情熱を日本に伝えることだけ。葡萄は彼等の知人のBIOかバイオダイナミック実践者のみ購入し醸造。ネゴシアンとはもう呼べないレベルではないでしょうか?。 (2009.6.19 第12回目訪問)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP