マーティンボロの可能性 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | WineShop FUJIMARU

2008.07.27

マーティンボロの可能性

私はオーストラリアに留学するまで
実はNZワインはクラウディベイぐらいしかまともに飲んだことはありませんでした。
(印象に残っていないと言う意味で)

オーストラリアでKUSUDAピノに出会い、
こんなワインを作る国へ行ってみたいとNZへ向かったことは前に書きました。

そのKUSUDAがあるマーティンボロという土地には
マーティンボロ御三家と呼ばれるピノノワールの名手がいます。
そのうちの1人がこのマーティンボロヴィンヤード。
この1994年RESERVE、
飲ませて頂いたのは、やっぱり日本の楠田(兄)さん。
(普通は残ってないでしょ!?)

目が覚めるような鮮烈な美味しさに感動!
何年か前に醸造家が変わって若くても楽しめるようになりましたが、
前醸造家は、どちらかと言えばブルゴーニュ的クラシックなスタイル。
14年経っても、果実味は落ちるどころか
くっきりとした輪郭が出て、逆に強くなってるんじゃないかと。

マーティンボロって凄い。

藤丸

コメント

SECRET: 0
PASS:
マーティンボロヴィンヤードのRESERVEをいただくなんて、深くておしゃれな楽しみ方ですね。藤丸さまのおかげでワインの世界がまた拡がりました。また、深~いお話聞かせてください。

2009年5月1日9:05 PM |  y.ichiishi


SECRET: 0
PASS:
お~、凄いところにコメントが。
お世話になりました、ICHIISHIさん。
このコメントのお陰で94リザーブ飲んでたことを思い出しました(笑
大阪襲撃の際はぜひぜひお声掛けくださいね。
(Iさんは去年ご一緒させていただいたはず。)

2009年5月2日12:33 PM |  wine-fujimaru


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP