造り手への旅路(10) 農家が農家へ 繋がる市場 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | Wine Shop FUJIMARU 東京 浅草橋店

2019.07.08

造り手への旅路(10) 農家が農家へ 繋がる市場

 

ふとした事で目にしたきっかけが食いしん坊友人の投稿
どうも美味しいスムージーがあるらしい
美味しいもの好きの情は信頼に足る

最初はそんな認識だった

名前がまたすごい
「ハッピーモア市場」

どれだけ南国多福感、、!

と思い調べてみたらあれ、、
ここはひょっとすると宝箱かな
そう思い訪ねて来た

 

那覇から北上した宜野湾市の街中にポツンとあるビニールハウス
いわゆる道の駅とか物産館とは異なる趣

手作り感溢れる入り口を潜るとそこかしこに美味しそうなものが

 

 

ここは小さな農家さんが消費者と繋がる場所

定期的や大量取引は厳しい、ほんとうに小さい農家さんたちが殆ど
自分達が食べる為に作ったもんだから美味しいよ、だからみんなにも食べて欲しい!
でもこんなちょっとの量を引き取ってくれるところなんてない、と売り先を困った農家さんも多い
そんな農家さんへの応援隊として立ち上がったのがハッピーモア市場さん

 

表示も農家さんへの信頼の上表示

 

 

そうした小さな、でも美味しいものを作る農家さんから農家さんへ紹介の輪が広がり、今ではとてもバラエティー豊かに

ハンダマ、モーウィ、島カボチャなどの琉球野菜、マンゴーやパイナップルなどの南国フルーツに加え、薬草 島野菜など
この薬草や島野菜は昔から沖縄で食べていたが、作る人は減ってきている
ここでのお付き合いがあるような小さな農家さんだからこそ今でも作り続けている作物
こんな品々と出会えるのもここならでは

 

元々は当社長のおじいさまが高齢化により農業を引退
お持ちだったトマトハウスを利用して近隣の人々へ販売をスタート
今年で12年目
ここ最近は客層が変わったそう
噂を聞きつけ、地元の飲食店の方や若い方、子連れのお母さんなど増えたという

現場は元気な女性スタッフたちがまわしている
ディスプレイや加工品も自ら開発・担当し盛り上げる
店長の”湾ちゃん”

 

 

マンゴーは今月いっぱいがピーク
レモンはこれからオンシーズン
沖縄からのいろんなお野菜がこれから東京にも届きますのでお楽しみに!


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP