ワインと巡る6日間の旅@新宿伊勢丹店 コラボメニューその② | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 浅草橋店 スタッフブログ

2017.02.24

ワインと巡る6日間の旅@新宿伊勢丹店 コラボメニューその②

《ベッカライ&コンディトライ ヒダカ×に捧げるあつあつブレッツェル・佐渡バターとドイツの煮込み2種》

島根は石見銀山にてドイツ マイスターの称号を夫妻で持つすごく美味しいパンとお菓子屋さんがあるんだよ
そう言う知人から譲ってもらったパンに一目惚れていたのに中々お会いできずにいた
実は伊勢丹催事のお話を頂くと言葉にできないほど色んなことを考えてしまい逡巡するのだけれど、69ハム兄さん、そしてベッカライヒダカさんが出るんだよ、一緒にやりませんか?と聞かれた時もう心は決まっていた
やるに決まってる!
迷ってた心はどこかへ(笑)即決した瞬間でした

そこから日高さんとお話したり、パンを食べたり、修行されていたドイツの事を調べたり
でもやっぱりコラボするのはコレしかない!と決めたのが
“ブレッツェル”
プレッツェルではありません

世界中のブレッツェルを食べてきたわけではないけれど、これは本当に飛び抜けて1番美味しいんです
独特のひねり技法で作られる世にも美しいフォルムは、細いところは香ばしくカリカリと、太いところはもっちりと、ほどよい塩気と国産小麦の香りがかじる度に新たな感動となって押し寄せます
このブレッツェルを熱々に温め、浅草橋店でもお出ししている冷たい佐渡バターを合わせまずは挟んでパクりとどうぞ
はい、悶絶でワインが止まりません
それから迷いに迷って結局2種類つけることにしたドイツの煮込み2種類
一つ目は塩漬け豚バラの煮込み
塩漬けした豚バラ肉をリンゴとシュークルート、白ワインなどとじっくり煮込み程よい果実味と酸味に食が進むはず
二つ目はライン風牛のブーラーテン
牛肉を赤ワイン酢と赤ワインで煮込んだ甘酸っぱい一品
イメージはお肉のコンフィチュールです

仕事をしていて会いたかった人に会えるのは、そしてお仕事をご一緒出来るのはとても嬉しい
こんな気持ちをお皿にぶつけてみました
こちらは開催中毎日30皿限定でご提供します

また会場内では日高さんが毎日パンを焼いてくれています
この焼きたてを持ち込めるのもフジマルブースだけ
なんて贅沢、、!
ハム兄さん横に日高さん、向かいにフジマル
もう飲むしかないです笑
是非食べに来てね!

By ディレクター 木邨

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP