室谷統 2017年3月入社 東京サービススタッフ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2017.03.20

室谷統 2017年3月入社 東京サービススタッフ

室谷統

2017年3月パピーユに入社しました室谷統と申します。

私の父親は新橋で32年スナックを経営しておりましたが、病気になり父親の仕事の手伝いをする事になったのですが全くの未経験だったので、先ずは勉強の為にアルバイトで知り合いの働いているお店に入社したのが飲食業界での始まりで、そのお店の当時の店長が他社にヘッドハンティングされ、僕にも「一緒に来ないか?」と声を掛けていただいたのが本格的な飲食業のスタートとなります。

その方とは10年近く一緒に仕事をさせていただき、飲食店のノウハウを叩き込まれ沢山の事を学ばせていただきました。
そして、最後にその会社で立ち上げに参加したお店のコンセプトが「和食にワイン」でした。

ここで初めて本格的にワインと向き合うことになります。
それまでは、焼酎をメインに扱っていたお店ばかりで働いていたのでワインのワの字も知らなかったのですが、一緒に立ち上げに携わったソムリエから色々とワインの基礎的な事を学びながらテイスティング等をするようになり、段々とワインの魅力に引き込まれていきました。日に日にワインが楽しくなり、「俺もソムリエになってワインを極めたい!」という思いになり、長く勤めた会社を辞め、都内のワインバーに入社しました。

そのお店は常時1000種類のワインがあり、デイリーなものからグランヴァンまで非常に幅広くワインを扱っていたのと、オーナーがワイン学校の講師ということもあり、ワイン漬けの毎日をおくることができ、その翌年にソムリエを取得しました。そこから4年そちらのお店で働き、リストの作成から店舗立ち上げに携わり、ワインを知識を高める事ができました。

この頃からリアルな3年後、5年後をより意識するようになり、自分が本当にやりたい事はなんなのか?という事を考えたときに、この先もやっぱり美味しいワインをより深く知り、お客様に発信し続けたい!という結論に至りました。その頃から個人的にナチュラルワインの魅力にハマっていき、気付けば飲んでいるワインの殆どがナチュラルワインになっていました。

それまでは、ワインとはソムリエ教本で勉強した原産地呼称に基づき、歴史深く硬派な印象というイメージで、私自身も頭でっかちな考えでワインをとらえていましたが、ナチュラルワインは対象的に自由な雰囲気のワインばかりのように感じ、飲んでみないと味わいが想像とは全く違うというワクワク感と、頭で考えるより、体で感じろ!とでも訴えかけているような、そんな印象のワイン達ばかりで、ワインに対する考え方をより広げてくれた、そんな存在でどんどんのめり込んでいきました。

そんな時にフジマルの求人ブログが目に止まりました。

フジマルは葡萄の栽培から醸造、販売、レストラン、ワインショップとワインに関するあらゆる事を行っている会社だということは前々から知っていて、以前浅草橋のお店に食事に行った際に見たセラーのワインは大半が見たこともないナチュラルワインばかりだったのを覚えていて、「ここだっ!」と思い応募し、なんとか入社する事ができました。

フジマルでの仕事は、ワインの営業からレストランでのサービスと幅広く仕事をさせていただいております。これからは、「ワインを日常に」という素晴らしい理念の元、沢山の方にフジマルの自社ワインを含め、世界中のワインの魅力を伝えていきたいと思っています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP