【あばらや】六十年間なんばを見続けてきた店 ~ウラなんば~ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2015.06.28

【あばらや】六十年間なんばを見続けてきた店 ~ウラなんば~

人が変わり街も変わるのが世の常。
しかし六十年間変わらないお店がありました。

連日連夜賑わいをみせる道具屋筋横や味園ビル周辺は、いわばウラなんばの玄関口。
一方で「酒兵吾」さんに始まり「トレイシー」さん「笑和」さんなどが軒を連ねる
NGK裏のさらに裏の通りは、ウラなんば界隈でもディープ指数が非常に高く、
一見さんを寄せ付けないオーラが漂っています。
看板がほとんど見えず中からは常連さんの笑い声がひっきりなし。
そんないかにも濃そうなお店が並ぶなか、大々的な看板と古臭さを感じさせる
ショーケースが目にとまる「あばらや」さんは、なんとなく浮いた存在に思えていました。

“ビールとお通し・お造り・揚げだし豆腐セット 1,000円”
しかし、この貼り紙に導かれるようにお店の扉を開きます。
店内にはBGMがなく、職人さんが醸し出すピリッと引き締まった空気。
コップにビールを注ぐコポコポコポッ・・という音すら憚られるくらいの
凛とした佇まい。
小魚の煮つけにふきのとうと合鴨ロース。
地味ですが滋味のあるお通しにビールが寄り添い、少しだけ緊張が解れてきました。

お造りは鮪の赤身に烏賊、蛸、カンパチそして鰈。
小ぶりながら歯ごたえがよく、思わず笑みがこぼれる美味しさ。
烏賊を咀嚼しているときの表情なんて、思い返しても赤面するほど。
ビールを早々に飲み干し、灘の日本盛をひやでいただき揚げだし豆腐に備えます。
“外はカリッ、なかはトロトロ”なんてたこ焼き屋さんのうたい文句みたいですが、
ほんとにそんな感じがする揚げだし豆腐。純白のお豆腐に出汁がよく染みこんで、
酒を誘引してやみません。

お酒を何種類も置いていることをウリにするお店が多い中、頑なに一つの銘柄を
提供し続ける老舗料理店の矜持も清々しいものがあります。
「勉強不足で、これしか知りませんから。」と謙遜される職人さんのはにかんだ顔が、
人肌程度に燗をつけた日本盛をグッと美味しくしてくれるんです。
すっかり出来上がったころに名物・鯖寿司も出来上がりました。
見目麗しく艶やかな出で立ち。矢も楯もたまらず口に放り込むと、
木の芽のシュッとした香りに、塩で〆られた鯖の旨みだけがじっとりと、ゆっくりと、
浸透してきました。酢飯には鯛田麩が挟み込まれ、何個でも食べられそうな飽きない美味しさ。
六十年に渡り大阪の人を喜ばせてきた、実に緻密な計算が施されていたのです。

鯖寿司の余韻覚めやらぬなか、カンパチと穴子の握りでソフトランディングへ。
最後に温かいお茶をいただき、満面の笑みでごちそうさま。
すぐ外は喧騒に沸くウラなんばとは思えない、静かな空気と上品な趣き。
六十年という時の流れに思いを馳せたくなる一夜となりました。

名物・鯖寿司はお持帰りもできるそうです。なんばのお土産にぜひ。

Dai Aramaki

あばらや
大阪市中央区難波千日前2-14
06-6631-0223
16:00~23:00
定休日:日曜・祝日

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP