フジマル醸造所より新発売ワインのご案内です! | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2014.07.19

フジマル醸造所より新発売ワインのご案内です!

新発売!!というよりは、正直に申しますと
発売を忘れてしまっていたワインです。。。

ケガの功名といいますか、じっくりとセラーで休ませていた
ワインをテイスティングしてみると、いい感じにほぐれて柔らかく、
とっても美味しい状態でした。

今回は赤ワイン2種類のリリースです。どちらも極少量(残り百数十本)
ですので、気になる方はお早目にお買求めください。


★キュベパピーユ 高井田ベイリーA(赤)2013 ラベルなし
13年9月7日に収穫された大阪産マスカットベイリーAを島之内のワイナリーで醸造。
ほんのり薄濁りで落ち着いた赤いベリー系、梅紫蘇などのニュアンス。
開けたては少し還元していますが、時間と共に抜けていきます。
じんわり染みこむような果実味に程よい酸が引き締めてくれる
キュベパピーユらしい味わい。薄くて軽くて旨い、しみじみとした美味しさ。

★メルロー マスカットベイリーA(MMBA)(赤)2013 ラベルなし
13年8月26日に収穫された兵庫県産メルローと13年9月7日に収穫された
大阪産マスカットベイリーAを島之内のワイナリーで醸造しブレンド。
黒系ベリーやプラムなどの香りにスパイスが入り混じります。しっとりとした
湿った土を思わせる和風な印象。柔らかい酸があって見た目よりは軽やか、
スルスルと入ってくる心地いい飲み口です。

その他、現在発売中のワインは下記4種類ございます。

★柏原デラウェア2013(白)
柏原市の山間にあります雁多尾畑(かりんどおばた)という畑で、
2013年は地主さんが栽培されていて、収穫から仕込みまでが私たちの
手によるものです。生産量は818本。大阪のデラウェアの魅力を
わかりやすく伝えられるよう、できるだけ軽やかな造りを目指しました。

★キュベパピーユDSL(デラウェア・シュール・リー)2013(白)

柏原市の山間にあります雁多尾畑(かりんどおばた)という自社畑のデラウェア100%。
生産量は1740本。ワインの仕込み量1581ℓのうち1114ℓはステンレスタンクで発酵、
残りは樹脂タンクにて醗酵させて上澄みをブレンド。主発酵後に極少量の亜硫酸塩を添加。
澱引きせず4ヶ月弱シュールリー。その土地ならではの旨みをたっぷりと含んだ、
私たちフジマル醸造所のフラッグシップ的なワインです。
2013年産のワインですが、新酒とはまた違った味わいに仕上がりました。
大変しっかりとした印象で、充実した旨みがありながらも、余韻にはじわっと
酸が広がる繊細なまとまりです。

★サンセミヨン(白)2013
広島県の世羅ワイナリーからブドウを分けてもらい、島之内フジマル醸造所で造った
白ワイン。ブドウ品種は「サンセミヨン」という名前で、セミヨンと笛吹の交配品種とのこと。
除梗せず圧搾機にかけ低温にてじっくりと発酵。無濾過・無清澄にてブドウの味わいを
そのまま感じる仕上がりに。今年はとくにスキンコンタクトをしていないものの、
しっかりと黄色みを帯びた仕上がりです。

★カベルネソーヴィニヨン(赤)2013 ラベルなし
13年9月24日に収穫された兵庫県産カベルネソーヴィニヨンを島之内の
ワイナリーで醸造。適度にスキマのある柔らかさ、スムーズなのど越しと丸い質感。
黒系ベリーの香りが余韻にほんのり残ります。


※フジマル醸造所のワインはすべて、酸化防止剤の添加を最小限にとどめています。
温度変化にさらされますと品質劣化の恐れがございます、
低温での管理(16度以下)をお願いいたします。

オンラインショップ「クラブパピーユ」ほかFUJIMARU各店で販売しております。
お気軽にお問合せください。
06-6643-2330

Domaine des Papilles  ドメーヌ・デ・パピーユ  『島ノ内フジマル醸造所』
成りたち:
2010年、ワインショップFUJIMARUやカーヴ・デ・パピーユなどワインショップを
経営する株式会社パピーユが、ボランティア数名とともにカタシモワイン&フード
(通称カタシモワイナリー)より、柏原市大県(おがた)にある『堂の内畑』
(マスカットベリーA)を借り受け、カタシモワイナリー内にて委託醸造を開始、
『ドメーヌ・デ・パピーユ』ブランドのスタート。

2011年、耕作放棄地であった『岩崎谷畑』を大阪府の外郭団体みどり公社の斡旋で
地主さんより借り受ける。再開墾し垣根仕立てのぶどう畑(メルローなど)を造成。
2012年、高井田にてデラウェアとベリーAの畑を新たに賃借。また、羽曳野市の
飛鳥ワインにて太子町のデラウェアを委託醸造。2013年、大阪市中心部、
島の内にて醸造所を設立。日本でも類を見ない都市型ワイナリー
『島の内フジマル醸造所』を創業させる。

ぶどう造り
畑ではボルドー液以外は年に2~3回ほどの防除のみと減農薬を心がけ、
農作業はすべて手作業で注意深く行いました。収穫されたブドウは選果、
粒よりし健全な粒のみを使用。ワインをお飲みになるお客様の顔を想像しながら、
スタッフとボランティアの方々とで力をあわせワインを造りました。
本当にたくさんの人に手伝っていただいたおかげで、
このワインは出来上がりました。

ワインを飲むことで会話が生まれ、より楽しい食卓になりますように。
No Wine , No Life !

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP