造り手からのメッセージ 第1回マス・ド・ジャニーニ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユFUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2014.03.20

造り手からのメッセージ 第1回マス・ド・ジャニーニ

緊急告知で申し訳ありません、藤丸です。

ずっと温めていた企画なのに
こんな直前の告知でごめんなさい。

『どんな基準でワインを選ぶのですか?』

と、よく質問を受けます。

美味しいから?好みのやつ?

いえいえ、違います。

私がワインを選ぶ基準は

『個性のあるもの』 

そして、『造り手からのメッセージが込められているもの。』

美味しいの基準は人によって違うもの。
なので、100人いれば100通りの好みがあり、
100種類のワインがあれば100通りの味わいがあります。

なので、私たちの仕事は、人とワインを引き合わすこと。

否定したり、鑑評するのが仕事ではありません。

今、日本にはたくさんの生産者がやってきます。
せっかくなのでワインに込められた想いを直に聞いてみませんか?

ほとんどがセルフサービスの会です。
なので会費はできるだけ安く、お料理は簡単なおつまみ程度。
でも、ワインはたくさん用意します。

第1回目はフランス・ラングドック地方から、
マスドジャニーニのジュリアン兄弟をお迎えします。

南仏ラングドックの地でナチュラルかつリーズナブルなワインを生み出す
ジュリアン兄弟。パンチの効いた陽気なエチケットは、どこかで見かけた方も
いらっしゃるかもしれません。

南仏の輝く太陽のもとで家族経営を行うマス・ド・ジャニーニは、
1980年代の終わりにパスカルが父親からブドウ畑を引き継ぎ、
ワイン造りに加わりビオロジック栽培を始めました。

白ワインは混植された3品種を真夏の高温を避けナイトハーベストを
行い混醸、ステンレスタンクでの低温発酵によりアロマティックなワインに
仕上げます。

赤ワインは品種毎に手摘み収穫後ステンレスタンクで発酵を行います。
カリニャンは、フルーティーさとやさしいタンニンを求めてマロラティック発酵を
行うなど品種毎の特性を生かした醸造を行います。

彼らが一体どんな想いをこめてワインを造っているのか。
そして、そんなワインを造る彼らは、いったいどんな人なのか。

ワインを通じて人と人とが繋がりあう、楽しい時間になればと思います。

日時:4月1日(火) 19:30~21:30
場所:ワインショップFUJIMARU 1F
    大阪市中央区日本橋2丁目15-13
電話:06-6643-2330
会費:2,000円(フリードリンク、おつまみ付き)
定員:25名(立食形式)
備考:お料理の持込み大歓迎です。

<当日のワインリスト>
BIB(バックインボックス) ルージュ 2012 赤
BIB(バックインボックス) ブラン 2012白
パンプルムース  ロゼ・リキュール
ピノ・ノワール 2012 赤
ル・タン・デ・ジタン ロゼ 2011 ロゼ
ル・タン・デ・ジタン シラー 2012 赤
ル・タン・デ・ジタン カリニャン 2012 赤
ル・タン・デ・ジタン ブラン 2012 白

お申込はお電話06-6643-2330、もしくはオンラインショップでも受け付けております。
クラブパピーユ『造り手からのメッセージ 第1回マス・ド・ジャニーニ』

みなさまのご参加をお待ちしております。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP