なんか色々あったここ最近・・・ | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2011.04.29

なんか色々あったここ最近・・・


土留めや雨で崩れないように排水溝を設置したりと相変わらず土木作業が続いてます。

資材のほとんどは栽培放棄地や知人の工場から譲り受けた廃材。
なので畑の見てくれはイマイチ(笑)

ただ、なんか独立したときと似てるんですよね~。
日本橋のワインショップFUJIMARUにお越しの方は分かると思うのですが、
潰れた酒屋さんを中だけ改装したのがFUJIMARU。
外観を変えるお金も無くて、未だに前の酒屋さん時代の看板がついたまま(笑)

でも、外観はぼろくても、中に並べられた宝物のようなワインがあれば
きっとお客さんは分かってくれる、そう信じて開業しました。

どうでしょうか?
このブドウ達も技術や知識、経験は浅くても
一生懸命接すれば、何か答えてくれるんでしょうか?

ここのところ、創業当時のことをよく思いだします。

海外から帰ったばかりだった当時、
金融公庫すら貸してくれない本当に無一文から始めたお店。

お金がない分、頭と体を使って何とか乗り切ってきました。
お陰でとっても大事なことを身を持って学びました。

資本がなくても何とかなる、と。

ただ、実はそれだけではやっていけなくて
もう一つ、忘れてはならないのが

『信用』や『信頼』

99回素晴らしい仕事をしても、
たった1回でも裏切れば信用は失くなってしまう。
そして、99回の素晴らしい仕事もなかったことになってしまう。

時間をかけないと作れないのに
失くす時は本当に一瞬。

当たり前ですが、
実は社会って、とっても厳しい場所なんだと改めて思う。

話がそれましたが、、、

今年植えた350本の苗木からは、ちゃんと芽が出てくれました。

植える前の苗木は生きてるのか死んでるのかも分からない、無機質な、ただの棒に見えた。

でも、ちゃんと芽は膨らみ、葉が開いた。

本当に芽が出るもんなんだなぁと、しみじみ。

死んでるように見えた苗木は、春のために身体を休めていただけで

綺麗に剪定してもらい、新しい場所で実を付けるために力を蓄えてたんです。

な~んか人生と似てますよね?

この可愛らしいブドウたちにも
正直に向き合ってみようと思います。

コメント

SECRET: 0
PASS:
良いタイミングで深イイ話♪
とっくり読ませていただきました。
ところで、明日はスズランの日やね~

2011年4月30日10:52 AM |  ponta


SECRET: 0
PASS:
 ブログ、いつも拝見しております。
 ぶどう畑の記事が多くなってきて、とても興味深く拝読しております。私も過去に数年に渡って畑と田んぼの開墾をしていた時期がありました。
 ただ種や苗を植えて水をやれば育つのでなく、脇芽の選定や肥料を補うタイミングなど、育てるにはとてもいろいろな知恵や手間が必要など感じました。
 桜花もまだ一周年を迎えたばかり。まだまだヨチヨチですが志を高く、いろいろな期待に応えることが出来るよう頑張りたいと思っております。
 機会がありましたら、画像の畑をぜひ拝見させて頂きたいと思っております!!

2011年4月30日10:57 AM |  森田龍彦


SECRET: 0
PASS:
100-1=0 ほんとそうよね
大社長になる前の初めて会ったころが懐かしいわ。
隣同士で今もDと信用が継続されていることが私は嬉しい^^(っていうか勝手に私が思ってるだけ 笑)
あっ畑がんばれ~!!そのバイタリティー尊敬するよ
お体ご自愛ください~笑

2011年4月30日12:19 PM |  ichimi-1970


SECRET: 0
PASS:
pontaさん、ご無沙汰です。
明日はスズランの日でしたね~。
僕も本町にいますのでよろしくです!

2011年4月30日10:23 PM |  wine-fujimaru


SECRET: 0
PASS:
森田さん、毎度です。
1周年、おめでとうございます!
畑、毎日いますのでいつでもお越しください!!

2011年4月30日10:31 PM |  wine-fujimaru


SECRET: 0
PASS:
かぎこめさん、こんにちわ。
そちらの旦那とは深いところで繋がっているので大丈夫。(きもい?)
体が動くうちにバリバリやろうと思ってます!

2011年4月30日10:34 PM |  wine-fujimaru


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP