皆さん忘れた頃に | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 東心斎橋店 スタッフブログ

2008.08.24

皆さん忘れた頃に

 久しぶりのアップです
フランスより帰国し2ヶ月も経ってしまいました
ふと考えてみると ぜんぜん報告できていない。。。。

継続することの難しさ
何歳になっても痛感するだけ、改善の兆し全く無し

記憶が薄れる前に早くしないと と焦りながら…(汗

 ミシェル・マイヤール

ニコラ・マイヤール なかなかの男前です

砂地の多いエキュイの土壌がそうさせるのか?
フレッシュ感溢れる洋梨のニュアンス
フルーツのほのかな甘みををはっきりと感じることができる。

彼のスタンダード・クラス ブリュット・1erが今の時期にぴったりでしょう。
アペリティフで出てくると結構嬉しかったりします。

ニコラの代にかわり新たな手法を次々と取り入れているようで
必要な機材も多いみたいです。

新しい空気プレス式の破砕機、ステンレスタンクや温度制御装置
新樽の購入などなど設備投資は順調な様子。

よい意味で商売人なんでしょう。
やりたい事と商いがうまく回っている感じです。

シャンパーニュは収穫してから出荷できるまで
他のワインよりも多くの時間が必要です。
結果、美味しいワインを造る意外に
経営センスが非常に大切になってきます。

投資回収と出来上がるまでの手間を考え
熟成中の膨大なボトルを見てしまうと
そらぁ1本の値段がこんな事になるな
と残念ながら納得してしまいます。

ピッカピカのステンレスタンク。

画像のタンクの数はあくまでも一部(高さがあと2倍、数も2倍あったかな)

規模が大きくなったからには量も増えるはず
今秋には新しく別ブランド(買いブドウ)もリリースするようです。
残念ながらテイスティングは出来ませんでしたが
良ければインポーターさんも輸入するとの事。
ラベルはまだ公表しないでと言っていたので画像無しです。

ちなみに他のアイテムもラベルが変わります。
個人的にイマイチと思っていた旧ラベル…
年末にはこんな感じに変わるのでは?一応ちょっと隠してみました。

出荷待ち

やりたい仕事、できる仕事
売れる仕事 と 商売として成り立ち継続できる事。

決してイコールでは無く
またイコールにする為に何をするのか?
どういうベクトルで物事を進めていくのが自分達のベストか?

当たり前でいて一番難しい事を改めて考えさせられる訪問でした。

最後に
国内在庫が少くなってきたキュヴェ・レゼルヴ・1er Cru マグナム1989年
次はどのヴィンテージが出荷されるの?の問いに対して あっさりこの答え
「在庫の回転をあげるため89年で最後だよ。マグナムは動かない(売れない)からね~」
残念、、、というか正直にそこまで言うか…
かなりの現実主義者で正直者でした。

(年末には大人気、即完売したラタフィアが再入荷します)  E.FUKUI

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP