ワインへの想い | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | WineShop FUJIMARU

2006.03.22

ワインへの想い

お店をオープンするにあたり、私のワイン観、ワインへの想いを少しお伝えしたいと思います。

4年ほど前、
私は街場の小さなトラットリアでソムリエをしていました。
ワインは自然派ワインがほとんどでしたが
当時はまだ自然派ワインに対して悲観的なコメントが多かった時代で
飲みなれない方も多く、辛辣な意見を受けたこともありました。
逆に造り手自身も不安定な時期だったのかもしれません。
確実に手応えがありながらも、自分の味覚を疑ったこともありました。

2年間海外で放浪し、日本に帰国。
するとどうでしょう、世の中はビオワインだらけ。
自然派でなければ駄目なんて方までいらっしゃいます。
私は間違ってなかった!と胸が熱くなりました。

しかし、ビオと呼ばれるものすべてが美味しい訳ではないのも事実です。
そして、生産者の中でもビオと言われることを拒む方もいらっしゃいます。
中途半端なビオの生産者と混同されるのを嫌がっているのです。

じゃあ私たちは何を基準にワインを探せばいいのか?

そしてワインにとって大切なことは何か?

それはお客様が飲んで《美味しい》と思ってもらえるかどうか、それが全て。
そもそも私が自然派にハマッた理由は
自分が美味しいと思って生産者のことを調べていたら
そのほとんどが自然派のワインだったからです。

当店は私が選びに選び抜いたセレクトショップです。
結果として自然派ワインが中心になっていますが
綺麗な優しい味わいで、個性のあるワインを集めたらそうなっただけなのです

正直言うとレストランの仕事に未練たらたらです。
美味しいワインや料理を召し上がったときに出る笑顔を直接見たいという気持ちは
今も強くあります。

でも、ワイン産地を周り、多くの造り手たちに出会い、
そして遂には自分も畑に入り、いち労働者として働きました。
そこで私は造り手の努力、情熱、信念がどれほどのものかを知りました。
ワイン造りがどれだけ大変か、
こればかりはやってみないとたぶん誰にもわからないでしょう。
きっと文章でも伝えきれるものではないと思います。
それを私はわずかながらでも知ることができました。

どうしてもこの造り手たちの想いを伝えたい!
ワインはただのモノではない!

だから今のところ不特定多数向けのネット販売は考えていません。
決してネット販売が悪いというわけではありません。念のため。
ワインをもっと日常へ、手軽に楽しむためにもネット販売は大事ですし
すばらしいネットショップは沢山あります。
そして何よりもネット販売も立派な対人販売だと思います。

ただ私は造り手たちが1本1本丁寧に造っているワインを
私も1本1本手渡しで売りたい!
ワインとともに私が経験してきたことや
ソムリエだからできるワインの飲み方や、料理との組み合わせの提案などを
ボトルと一緒に持って帰ってもらいたい。

私の中では今も私はソムリエです。
私の仕事は何も変わっていないのです。
ただワインショップのほうがもっと自由に動けるんじゃないかと思っただけなのです。

食べ物も好みが分かれるように
ワインも同じように好みが分かれます。
だからこそナビゲーターが必要なのではないでしょうか?

黒門市場の買い物帰りのおばちゃんが
魚や野菜をひっさげて
『これで煮物作るんやけどワインは何がええのん?』
と来てくれるようになれば私は本当に幸せです。

色々言いましたが
ワインは決して難しいものではありません。
飲んで美味しければそれでいいと思います。
でも、ちょっとワインのことを知れば、より美味しく楽しめるはずです。
騙されたと思って、ワインを少しかじってみませんか?
きっと歯止めが利かなくなりますよ~。

コメント

SECRET: 0
PASS:
こんにちは。
ボジョレヌーボーは頭痛になるので飲まない
そういう認識を覆したのが
マルセル・ラピエール
そのころ自然派とかビオなんて言葉は普及してませんでしたが
たまたま飲んで美味しいなと思ったワインの話をした時
それらが全部ビオであったというのがわかったのは
通りすがりに見つけて飛び込んだdaigakuさんちでのことです
でもってビオワインって言葉をおしえてもらったのもdaigakuさんです
絶対ビオでないと、ということにこだわってはいませんが
ワタシの好きなワインが沢山あるのだと思っています
素人なので
変な発言連発してると思いますが
fujimaruさんのところでも
沢山のワインと出会えるといいなと思っています
またおじゃましますね。

2006年9月25日6:30 PM |  びおふぇち


SECRET: 0
PASS:
びおふぇちさん、こんにちは。いつもありがとうございます。ビオフェチさん好みのワインを一緒に探しましょうね。またお待ちしてます。

2006年9月29日1:12 PM |  wine-fujimaru


SECRET: 0
PASS:
 Pinco pallinoのぴんこちゃんですhttp://profile.ameba.jp/pinpaliparadiso。藤丸君、初めてブログがあることを知ったよ。
かなり前の文章だと思うけど、感動しました。株式会社となった今も変わらずピュアなハートを持ち続けていてください。又ワインよろしくねー。

2008年1月13日8:53 PM |  ぴんこちゃん


SECRET: 0
PASS:
レスが遅くなってすいません。
バッタバッタしてました。。。
まいどです、ぴんこちゃん。
会社といっても
中身は一緒ですからねぇ~。
書類が3倍になった程度です!
(書類に追われる毎日です。。。)
今後ともよろしくお願いいたします!

2008年1月21日1:35 AM |  wine-fujimaru


SECRET: 0
PASS:
チャオ!
いま頃やっとブログ拝見しました。
胸が熱くなりましたよ(涙)
冒頭のトラットリア、
大好きでした! 今思えば2人のコンビは伝説ですね!!
あのトラットリアとの出会いが再びイタリア料理の世界へ踏み込めたキッカケの一つですよ♪
これからもよろしくお願いします。
あ・・・8日楽しみにしてます☆

2009年9月27日3:00 PM |  cerchio344


SECRET: 0
PASS:
こんにちは、チェルキオさん。
いつもお世話になってます。
懐かしい記事にコメントありがとうございます。
初心、大事にしなきゃと思います。
8日、11月と何かとお世話になります。
宜しくお願いします

2009年9月30日10:34 PM |  wine-fujimaru


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP