奥野田ワイナリーから中村ご夫妻がご来店! | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | 島之内フジマル醸造所

2014.03.14

奥野田ワイナリーから中村ご夫妻がご来店!

もう十日前になりますが。。
山梨は奥野田ワイナリーから、中村ご夫妻が来店されました。
ブドウ栽培からワイン醸造まで責任をもつ中村雅量さんと、
販売・広報その他いろんな面でワイナリーを支える中村亜貴子さん。


開始直後は少し緊張感もありましたが、お客様も増えワインもすすむと、
会話も弾むようになりました。一杯目は奥野田フリッツァンテ
ほどよい気圧のガスが優しく溶け込んだ、アペリティフにぴったりな一杯。

まだリリース前でしたが特別に持ってきていただいたのが
ラ・フロレット・ハナミズキ・ブラン2013年
丁寧に収穫した完熟甲州種を除梗した後、マセラシオンにより
甲州種が持つ果実本来の味わいを最大限に引き出した、
ややオレンジ色を帯びた白ワイン。

「茹でたお野菜の甘みとともに、ぜひ召し上がっていただきたいワインです。」
華やかなエチケットのイメージそのままの味わいに、
楽しそうな食卓風景が自然と思い浮かびます。

「ヨーロッパからの外来品種で、これは!というものを造りたかったんです。」
中村さんは日本にシャルドネなどの外来品種を植えた第一世代。
試行錯誤を繰り返しながら、少しづつ歩を進めた結果、目の前にあるワインができました。

2012桜沢シャルドネ 【オーク樽発酵】
しっかりとしたミネラルを感じさせるのは、ブドウ樹が根を張り巡らせ、地中深くの
養分を吸い上げ始めたから、とのことでした。2005年頃を境に、グッと味がのってきた
そうです。

良く熟した果実由来の柑橘類やハーブ、ミネラルの香りと、樽由来のバニラやナッツ、
キャラメルなどの香り。なめらかなコクのあるリッチな味わいですが、凛とした空気感
もあり、日本の食卓に違和感なく馴染みます。

あえてデキャンタージュをして提供されたのは、
ラ・フロレット・スミレ・ルージュ2012年
華やかさよりも、口に含んだあとの旨みの乗り具合に思わず目を細めました。


「フローラルさではヨーロッパにかなわないが、ダシ的な旨みが日本のワインの真骨頂」
中村さんの自信に満ちた一言に、大いに頷かされました。

最後はライチっぽい甘みを感じさせるラ・フロレット・ローズ・ロゼ
2013年は昨年のものより色調が濃く、さらに豊かな味わいに感じられます。
デザートワインとしてはもちろん、中華料理やエスニックフードにも好相性。

ワイナリーの設立経緯から畑や醸造場での細かい作業、
これからの展望、そしてワインに対する考え方までいろいろと
語ってくださった中村ご夫妻。なかでも印象的だったのは、
「ブドウにも野菜にも、その土地ならではのワックスみたいなものが
塗られているんです。それはその土地の太陽、水、空気、そして生物を通して
得られるんだと思います」というお話でした。

その土地の野菜を食べ、その土地の果物からできた飲みものを飲みながら、
その土地の太陽を浴びて暮らしていく。なんでもないようなことかもしれませんが、
それはすごく大切なことで、贅沢なことなのかもしれません。

奥野田ワイナリーのワインを飲んで、山梨を、そして日本を感じていただけたら幸いです。
パピーユジャポネーズ(なんば)、ワインショップFUJIMARU(日本橋)、そして
オンラインショップ・クラブパピーユにて販売しております。

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

Dai Aramaki

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP