食卓にワインがある風景 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | 島之内フジマル醸造所

2012.10.26

食卓にワインがある風景

ほっこほこでじゅんとなかまで味が染みたじゃがいもや、口にいれるとじゅわりと崩れてしまう大根。
そろそろおでんが恋しくなってきたのはわたしだけでしょうか?
みなさんのところのおでんは関東風?
わが家は薄味のお出汁で煮る関西風おでんです。

ベースはとろとろに煮えた牛筋かくたくたに煮こむくじらのコロ。
我が友人は、エイリアンと呼んでいる鳥のがら一匹分を使うそうです。
ぐつぐつと沸騰させずにゆっくりと時間をかけて煮込むと澄んだお出しになりますよね。

出来上がったおでん鍋を家族で囲みお箸を伸ばす。
お出汁をたっぷり含んだ厚揚げを口にいれてあっちあちっふぅふぅと吐いた息で曇ったメガネ。
あわててぐびっとビールを一口、なんて光景が目に浮かびます。
週末の団欒。

皆さんはビールやお燗をつけた日本酒、焼酎のお湯割りですか?

そこで、
いつもの和辛子ではなく、ちょっと酸味のある種がはいったディジョンマスタードをそえてみると、あら不思議。
白ワインが欲しくなりますよ。
やっぱりここは日本の甲州がいいかな、泡ものもお勧めです。


奥野田葡萄酒、ヴィンテージブリュット2002(真ん中)
旭洋酒、ソレイユ甲州2011(右)
丸藤葡萄酒 ルバイヤート甲州シュールリー2011(左)

いつもの家庭料理にちょこっと工夫を加えるだけで、ワインがより楽しめるレシピというよりヒント?
これからも時々ご紹介いたしますね。

きっちゃん

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP