2011丹波ワイン収穫ツアー | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | 島之内フジマル醸造所

2011.09.10

2011丹波ワイン収穫ツアー

先週末に日本を襲った台風12号
各地に大きな被害をもたらしました。
被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

私たちの収穫ツアーも
はたして現地にたどり着けるのか?
この雨で収穫してもいいのか?
とハラハラしながら当日を迎える状態に。

が、日曜日には台風も通り過ぎ風雨も弱まり
「これ以上置いていても良くなることは無いので….」という事で
雨が降る中収穫ツアーが決行されるました。
悪天候にも関わらず一名のキャンセルも出ない事
カッパや長靴、軍手までをほとんどの方が用意して参加頂けた事に正直驚きました。
参加された皆様ありがとうございました。

しかし、雨具を持っていても作業を行うとそこそこ濡れますよね。
その後風邪をひかれたのでは?と少し心配だったりします。

全ての生産者の方々が収穫やその他の農作業を
決してベストと言えるタイミングで進めれる訳では無いんだと
強く実感できるイベントになったはずです。

自然との折り合いはもちろん
労働力の確保など人的な問題

「ヴィンテージ」という言葉を一歩踏み込んで考えた時
そこには天候を含めたワイナリーを取りまく様々な環境や
人の判断(意志)の結果なんだと理解できます。

そういった「ヴィンテージ」を感じながらワインを楽しめた時
そこには今まで以上の喜びがあるとは思いませんか?

今回の収穫はソーヴィニヨンブランが植わる区画
2011年がどんなワインになるのか今から楽しみです。
(※ご興味がある方 2010年のソーヴィニヨンブランを少しだけ分けて頂きましたよ)

そしてもう一つ
今回のツアーには大きな目的が

3月に植樹した新しい畑がどうなっているのか?

こんな棒っきれみたいな苗木が

半年でこんな感じに 

命って凄いですね。

まだまだ植樹が出来ているのは一部だけ
もちろん来年も収穫ツアーを行う予定です。
皆様、又のご参加をお待ちしています。

あっ 植樹に参加されたみなさん!!
名前を書いた札 そろそろ上書きしないと字が消えそうでしたよ~
                                          E.FUKUI



右から丹波ワイン黒井社長、末田さん、坂本さん




収穫


葡萄の説明を受けながら食味。やっぱりヴィオニエが美味。
(丹波ワインさんには約40種類もの品種が栽培されています)



働いた後は葡萄畑が見えるレストランで食べる!飲む!
カベルネ・メルローが人気でした。


工場見学


仕込み中のスパークリングの原酒をテイスティング


樽からもテイスティング  タナ種面白い。


しっかりお勉強も


今春、植樹した畑の見学。来年も来るぞ!!

……お疲れ様でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP