日本のピノ・ノワール | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | 島之内フジマル醸造所

2011.01.08

日本のピノ・ノワール

透明感のある赤い果実の香りと、
フレッシュながらもしっかりと主張する果実味とタンニン。
酸もシュッと伸びやかな印象で、時間がたつとさらに複雑な香りを帯びてきます。

先日試飲した、
山崎ワイナリーの08ピノ・ノワール。

日本の、北海道で造られたピノ・ノワール。
一昔前なら「日本のピノ・ノワールにしては・・」という声をよく聞きましたが、
もうそんな表現をしなくても、普通にピノ・ノワールとして魅惑的な一杯だと思います。

もちろん、線の細さや酸のニュアンスに、
北海道らしさ、日本らしさは表れています。
でもそれは欠点ではなく、北海道の個性、山崎ワイナリーの個性、
と捉えていいのではないでしょうか。

ピノ・ノワールという品種はときに人を狂わせる(笑)ほどの
妖艶な魅力をもっていますので、単純に比較することは難しく、
感じ方は人それぞれだと思います。

しかし、日本のピノ・ノワールが身近に楽しめるようになったのは喜ばしいこと。
当店ではもう一種類、中央葡萄酒・千歳ワイナリーの08ピノ・ノワール
を取り扱っています。


ぜひいろいろなピノ・ノワールを飲み比べてみてください。
さらに深みにハマっていくこと、間違いありません・・。

Dai Aramaki

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

カテゴリ

アーカイブ

▲ TOP

▲ TOP