山田シェフの簡単レシピ!プーレ・オ・ヴィネーグル(鶏のヴィネガー煮) | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユFUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 浅草橋店 スタッフブログ

2020.04.21

山田シェフの簡単レシピ!プーレ・オ・ヴィネーグル(鶏のヴィネガー煮)

こんばんは、シェフの山田です。

今晩ご紹介するこの料理、カタカナにすると意味わかりませんが、鶏の酢っぱ煮です。笑

古くはフランス・リヨンの料理になりますが、トマトと酢を使った煮込みです。

(材料:1名分)

・トマト1個と1/2
・人参1/6
・玉ねぎ1/4
・ニンニク0.5かけorニンニクチューブ1㌢
・冷蔵庫の野菜(キャベツ.じゃがい等)
 本日使ったのは以下
・蕪1/4
・うど1/6
・しめじ1/4
・ほうれん草1/2束

・ペンネ40g
・お酢15cc
・水200cc
・顆粒コンソメ

(作り方)

1.鶏に塩をし、皮を香ばしく焼く。

2.玉ねぎ、人参はみじん切り。トマトは荒く刻む。他の野菜は好みの大きさに。

3.鶏肉を取り出し、油を捨て、ニンニク、玉ねぎ、人参の順で炒める。

4.火を強火にして、トマトを炒める。
トマトがに崩れたら、お酢を入れ軽く酸味を飛ばす。

5.水とコンソメを少し入れ、下味程度に塩コショウをし、鶏肉を戻し15分煮る。

6.煮たら取り出し、煮詰める。
ある程度煮詰めたら、残りの野菜も入れて火を入れる。
味を確認し、塩コショウとコンソメ(使わなくてもいいです)で味を調える。
酸味が足りなければお酢を足してもいいです。

7.茹でたペンネ(なければパスタでも)とお皿に盛れば完成です。

簡単な家庭料理になります。
鶏の酸っぱ煮トマト味のご紹介でした!
ぜひお試しください♫

◆浅草橋店 齋藤の合わせたいワイン!

今回の煮込みに合わせたいワインは

“フィリップ ジャンボン/ユンヌトランシュ ブルイィ 2016年” 3,670円税込

ご購入は↓
https://bit.ly/3ezSMOB

リヨンに程近いボジョレーの自然派赤ワイン、品種はガメイ。
ジューシーでみずみずしい赤ベリー系の酸味と果実味、じわっと滲み出る旨味。
同じ地域で愛されるワインだけあってピタリと合いますよ!

今晩もオンラインソムリエに出勤中、22時まで!

https://lin.ee/t61R3Ju
(お友達登録お願いします!)

オンラインソムリエとは?
https://bit.ly/2xvi7c9

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP