三重〜岐阜研修③尾鷲港 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユFUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | ワインショップ&ダイナー FUJIMARU 浅草橋店 スタッフブログ

2016.11.22

三重〜岐阜研修③尾鷲港

いよいよ研修のメイン、三重県尾鷲(おわせ)漁港。

「尾鷲のお魚サラダ」などで大活躍のお魚たちを送ってくれる「岩崎魚店」岩崎さんを訪ねるのが目的でした。
尾鷲港には、朝6時半から沖に出た船が戻ってきます。
この日は前日の雨の影響もあり水揚げはかなり少なめ、とのことでしたが、船が到着する度にケースに仕分けられていきます。

いよいよ競りがスタート。
尾鷲港の競りは、各自が持った木の札に希望の値段を書き、一斉に提示し一番値段の高い人が落札するシステム。
つまり、一発勝負。
競りで仕入れた魚は、ほど近くにある岩崎魚店さんに運ばれていきます。
競りが終わると、岩崎さんは携帯電話を離せません。
水揚げがあり、入荷した魚を伝えべく様々なレストランへ連絡しているようです。
(毎日山田シェフにもこのタイミングで連絡しているそうです)
岩崎魚店さんに運ばれた魚は、みるみるうちに適切な処理をされ、配送の準備に取り掛かります。
魚の身に直接氷が当たらないよう工夫したり、食べ頃を見極めた岩崎さんの「心」が垣間見えた瞬間でした。
実はこの前日に、尾鷲港で水揚げされたお魚を味わうことができました。
岩崎さんが魚を卸している「おふくろ」さん。
ナビゲートはもちろん、岩崎さん。
ポン酢にカワハギの肝を溶かして。
お、大きい、、
焼きも絶品
熊野古道からも程近く、山に囲まれ黒潮の影響で温暖な尾鷲港。
採れる魚の種類も豊富ですが、何よりも競りの目利きや処理が大切なのだと実感しました。
「人」から「人」へ。
新しい発見と出会いの多い研修でした。
岩崎魚店の皆様、ありがとうございました!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP