5月ワイン会(フランス ロワール) | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | フジマル醸造所 京阪くずは店 スタッフブログ

2016.05.24

5月ワイン会(フランス ロワール)

こんばんは!

くずは店スタッフの林田です。

昨日は毎月恒例のワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマは「フランス ロワール地方のワイン」。

辛口白ワインで有名なフランスのロワール地方から個性溢れるワインをセレクトさせていただき、竹内シェフ自慢の素晴らしいコース料理と共にお楽しみいただきました。

今回も絶妙なマリアージュと共に楽しく有意義な一時をお過ごしいただけたかと思います。

来月もまた素晴らしい料理とワインでお待ちしておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

Course Menu

豚肉のリエット

シェーヴルチーズのサラダ

鮎のコンフィ

鶉のシノン煮込み

クレーム・ダンジュ

Wine List

Vouvray Petillant La Gazille 2004 Lemaire Fournier

ヴーヴレ・ペティヤン・ラ・ガジーユ           ルメール・フルニエ

原産地:トゥーレーヌ  ブドウ品種:シュナン・ブラン100%】

Sancerre La VigneBlanche 2014 Henri Bourgeois

     サンセール・ラ・ヴィーニュ・ブランシュ         アンリ・ブルジョワ

原産地:サントル・ニヴェルネ  ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%】

Muscadet Sevre& Maine Les Gautronnieres 2014
Bonnet Huteau

    ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・レ・ゴートロニエール      ボネ・ユトー

原産地:ペイ・ナンテ  ブドウ品種:ミュスカデ100%】

Chinon Clos deL’echo 1996 Couly Dutheil

       シノン・クロ・ド・レコー           クーリー・デュテイユ

原産地:トゥーレーヌ  ブドウ品種:カベルネ・フラン100%】

VdF Rose D’unJour 2015 La Ferme de la Sansonniere

  ロゼ・ダン・ジュール       ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエール

原産地:アンジュー&ソミュール  ブドウ品種:グロロー・グリ100%】

一品目の料理は「豚肉のリエット」。
シャルキュトリーのメッカであるロワール地方ならでは料理で、茶美豚のリエットとブーダン・ブランを玉葱のピューレと共に…。
ワインは今は無きルメール・フルニエのヴーヴレ・ペティヤン・ラガジール。
ヴィンテージが2004年ともあってコクのある味わいと熟成による深みが合わさる微発泡性ワインで、味わい深いシャルキュトリーとの相性も良く。

二品目は「シェーヴルチーズのサラダ」。
ロワール地方のサントル・ニヴェルネ地区はシェーヴルチーズの生産が盛んともあって、エンダイブ、アンディーブ、ラディッシュのサラダにチーズを添えたシンプル料理。
ワインは同じくサントル・ニヴェルネ地区を代表するサンセールを…。
テロワールを映し出す石灰のニュアンスに柑橘類やハーブの爽やかな香り。透明感のある洗練された味わいは、素材の純な味わいを邪魔することなくマリアージュを…。

三品目は「鮎のコンフィ」。
ロワール地方は川が多く食卓にも川魚がよく並びます。
じっくり火入れした鮎をフライパンでソテー。荒めに削ったキュウリとクレソンのソース、にぽんぽこらんどさんのレモンをあしらった清々しい一皿。
ワインはボネ・ユトーのミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・レ・ゴートロニエール。
クセのないすっきりとした味わいが魚料理と相性が良く、ミュスカデにしては凝縮感のあるボネ・ユトーだとコンフィのボリュームにも上手くマリアージュします。

四品目は「鶉のシノ
ン煮込み」。
各ワイン産地に必ず存在するワイン煮込みを今回はロワールを代表する赤ワインの一つシノンにて…。
うずらの肉によくからまるシノンのソースは相性が良く、夢中で食べてしまうほど…。
ワインは1段階ステージが上がるクーリー・デュテイユのシノン・クロ・ド・レコー1996年。
熟成感が混じる香りの華やかさとエレガントな味わいがうずらの繊細な味わいと良きマリアージュかと…。

最後の一品は「クレーム・ダンジュ」。
ロワールのアンジュー地区が発祥のデザートで、フロマージュブラン、卵白、生クリームをシンプルに合わせた一品。
ソースはワインに合わせて苺のソースにて…。
ワインはサンソニエールのほんのり甘いロゼワインで、クレーム・ダンジュの甘さを上手く包み込む絶妙な甘さと互いの苺のニュアンスが素晴らしいマリアージュでした。

※久々にくずは店で奮闘する竹内シェフ!!

林田 竜太

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP