ドイツの変り種 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | フジマル醸造所 京阪くずは店 スタッフブログ

2016.02.08

ドイツの変り種

こんにちは!!

スタッフの林田です。

最近Yahooニュースをみておりましたが、シャープがやばそうな感じですね。

一時期は亀山モデルで人気を博しておりましたが…。

う~ん難しいものですね。

規模が規模だけに選択の方向で命運を分けるのでしょう…。

さて、今日はドイツから面白いエチケットのワインをご紹介です。

▫マルターラー[2011]ベルンハルト・フーバー ¥7,125

ドイツ南端バーデン地方のトップ生産者ベルンハルト・フーバー。
この醸造所で有名なのがシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)で造られる赤ワインなのですが、白ワインも飛び抜けた品質のものを造りだします。
マルターラーはヴァイサーブルグンダー(ピノ・ブラン)とフライザマー(グラウアーブルグンダーとジルヴァーナーの交配品種)をブレンドした白ワインで、熟成にはバリック(新樽)が使用されます。
フライザマー?聞いたことがない品種ですが、何やらバーデン地方の土着品種だそうです。
味わいは樽由来のバニラやトーストのリッチな香りと、凝縮感を持った分厚い果実味が合わさる飲み応え十分なものです。
少し値は張りますが是非オススメの1本です!

林田 竜太

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP