ワイン会 | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | フジマル醸造所 京阪くずは店 スタッフブログ

2015.07.15

ワイン会

こんにちは!!

スタッフの林田です。

現在大型の台風が接近中ですね。

駅ビルの中とはいえ、時折強い風に煽られて看板が…。

1度目は様子を見ましたが、2度目となると見過ごせない!!

今日は致し方ないですが、セラーの奥で大人しくしてもらいます。

さて、先日の7月13日(月)にくずは店では初めてのワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマは自然派ワインと料理のマリアージュです。

通常のマリアージュであれば、料理を決めてからそれに合うワインをセレクトするのですが、今回は真逆のワインを先に決めてからそれに合う料理を竹内シェフに考案していただくかたちで準備しました。

料理に合うワインをセレクトする場合は、完成されたワインの味わいを変えることができないので、微妙な調整が難しいのに対して、ワインに合わせて料理を考案する場合は、細部までマッチングを突き詰められます。

竹内シェフには色々と試行錯誤していただき、ベスト・マリアージュな料理を手掛けていただきました!!

<料理>
スズキのフリット エストラゴン風味のマヨネーズ
<ワイン>
ヴァン・ペティヤン・ナチュール・ジャッキ・ブル NV ジャッキーノ
スズキのフリットと泡物の相性の良さと、ワインの酸味とマヨネーズの調和。エストラゴンの爽やかなアクセントが光ります。

サーモンの低温コンフィ クワルクのクレーム プチトマトの蜂蜜マリネ
ゲヴェルツトラミネール・ツェレンベルグ[2012]ドメーヌ・マルク・テンペ
口の中で解ける脂の質感とサーモンのボリューム感にゲヴェルツトラミネールの濃厚な味わいが相性よく、クワルクを使ったチーズのアクセント。ほんのり甘みの効いたプチトマトの蜂蜜マリネとのコンビネーションも抜群。

夏野菜と豚しゃぶ 和ダシのジュレ
モルゴン[2013]マルセル・ラピエール
竹内シェフいわく今回一番悩まされた一品。
マルセル・ラピエールの旨み効いた味わいに相乗する和ダシのジュレ。さっぱりとした豚しゃぶの味わいと赤ワインのマッチングに、ピュアな果実のニュアンスと夏野菜の新鮮な甘みがベスト。

牛頬肉の赤ワイン煮込み
フルウス[2011]ラガベラス
解ける牛頬肉の美味しさと付け合わせの粗めのじゃがいものピューレのコントラスト。深みのある味わいと旨みに相性を見せる、フルウスのしっかりとした味わいのコクとスパイシーなニュアンス。

紅茶とドライフルーツの焼き菓子
リボッラ・ジャッラ[2004]ラディコン
見た目からもまさにオレンジなラディコンのリボッラ・ジャッラ。ドライフルーツや紅茶の香り、コンポートを思わせる濃厚な果実の味わいと特徴的な酸の立体感。合わせる焼き菓子は、ワインと同じように紅茶の風味にコンポートされたドライフルーツの鉄板マリアージュ。外側のビターな感じもリボッラ・ジャッラと相性が良く、生クリームのソフトな味わいも酸味を優しく包んでくれます。

以上が7月のワイン会の内容です。
大多数の皆様が満足していただいたと思います!!
ですが、こちらの説明、配慮不足がありまして、ご迷惑をおかけしたこは大変申し訳なく思っております。
次回のワイン会では問題点をしかっり修正し、全力で取り組んでいきたいと思っております。

ちなみに次回のワイン会は、8月10日(月)19:00~の日程で予定しております。
詳しい内容や応募の受付に関しましては、ワイン会の内容が決まり次第正式にご報告させていただきますので、しばしお待ち下さい。
では、次回のワイン会も是非宜しくお願い致します!!

林田 竜太

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP