意外にも | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | フジマル醸造所 京阪くずは店 スタッフブログ

2015.05.02

意外にも

こんにちは!!

スタッフの林田です。

ゴールデンウイーク如何お過ごしでしょうか??

天候にも恵まれて絶好の外出日和ですね。

良き休日をお過ごしいただければ幸いでございます。

さて、今日は気になる記事を1つ…。

『中国のブドウ畑面積、フランス抜いて世界2位』

これは意外でした。

と言ってもワイン用のブドウ畑はまだまだ少なく、ほとんどが食用のブドウ畑らしいです。

されど、海外資本の中国ワイン参入はなかなかの勢いらしく、モエ・ヘネシーやドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト・ラフィットなどの大手がワイン生産に乗り出しているようです。

雲南省北部のチベット自治区との境界に近いヒマラヤ山脈は、標高2200~2600メートルの冷涼な畑。辺境のため電気や輸送など物流の問題を抱えるが、長い生育期間や秋の乾燥した晴天に恵まれているという。※同サイトから抜粋

何やらアルゼンチンに似たテロワールだとか…。

確かにブドウ栽培には良さそうな気がしますね!!

まま、海外資本とはいえ中国産ワインがどれだけ市場を伸ばせるか…。

今後の動向が楽しみですね。

林田 竜太

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP