通好みな…!? | FUJIMARU WINE SHOP | 株式会社パピーユ

with Wine | フジマル醸造所 京阪くずは店 スタッフブログ

2015.04.02

通好みな…!?

こんばんは!!

スタッフの林田です。

暖かい日が続いて絶好のお花見日和ですが、何やら週末にかけて雨模様だそうで…。

こういう時には予報も外れてほしいですね。

さて、冴えない天気の日には屋内で優雅にワインでも…!!

そんな週末に備える極上のワインを3本ほど…。

▫プシー[2012]ドミニオ・デ・ピングス
▫カベルネ・ソーヴィニヨン・ハウエル・マウンテン[1988]ダン・ヴィンヤーズ
▫バンドール・ルージュ[2005]シャトー・ヴァニエール

今回はやや通好みな銘醸地からのセレクトになりますが、どのワインも秀逸な生産者が仕込む逸品です。

プシー’12は、スペインの銘醸地リベラ・デル・デュエロの最高峰の一つ、ピングスを手掛けるピーター・シセックがリリースする3rdワイン。テンプラニーリョをフレンチオークで仕上げた濃密な味わいで、現代的な良さとブドウ本来のポテンシャルを合わせた満足度の高い1本かと…。

やや贅沢な1本になりますが、カリフォルニアの貴重なバックヴィンテージを…。長熟なカベルネでお馴染のダン・ヴィンヤーズが手掛けるトップ・キュヴェのハウエル・マウンテン’88は、飲み頃を迎えたカリフォルニアの名品。若干のヴィンテージの弱さが気になりますが、熟れたカリフォルニア・カベルネの圧倒的な世界感に期待です。

最後はあまり馴染みの薄いプロヴァンスから逸品のバンドール・ルージュを。バンドールと言えばタンピエ!!なのですが、タンピエに負けず劣らずの上質なワインを仕込むのがこのシャトー・ヴァニエール。濃密な力強さで押すタイプではありませんが、繊細かつ奥深い味わいが素晴らしい1本。’05の程よく熟れたニュアンスも楽しめます。

是非今週末などに如何でしょうか??

林田 竜太

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Related article

▲ TOP

▲ TOP